暑い四国へ その4 ~足摺岬~

<8月15日>

道後温泉を発って足摺岬に向かいます。
d0264892_133290.jpg

松山から四国最南端の足摺岬まで、ざっと216㎞の道のりです。

(地図は観光ガイドブックからお借りしています)
地図上では松山自動車道はまだ宇和島までですが、
その先、オレンジ色で私が書き足したあたり、津島高田ICまで延びています。

ほとんどが片側1車線の対面通行で最高時速70㌔
高速道路ですが、ところどころ50㌔区間もあって、
計算より時間がかかってしまいました。

d0264892_1162610.jpg

急斜面に家や畑。
四国では見慣れた風景です。


d0264892_1195219.jpg

海は右手。
逆回りなら海を見ながらのドライブでしたが、
いろいろな都合でできず、残念。


津島高田ICを下りたところに「やすらぎの里」という日帰り温泉施設があったので、
そこで簡単に昼食をすませます。

ここから国道56号線をひたすら宿毛まで南下。
宿毛から国道321号線で土佐清水まで、さらに南下。
土佐清水から足摺スカイラインを経て、足摺岬へ。
国道は車も多くなく、信号も少なく、スイスイ快適に走りました。
高速では予定よりかかってしまった時間も、国道では計算よりかからず、
結局、当初の予定通り、走行時間4時間半。 しめて松山から約5時間で到着しました。

d0264892_2122134.jpg

足摺岬手前の道は狭いので、交通規制になっていました。
バスセンタ-の駐車場と次の駐車場との間をシャトルバス(大人ひとり片道100円)が往復しています。
バスセンターから岬まで、歩いても15分ということで、はじめは歩こうかと思いましたが…
暑い! 
シャトルバスに乗ります!
d0264892_21334952.jpg

バスを降りて2、3分歩けば岬到着です。




後ろにお立ちなのは…

d0264892_21361863.jpg

ジョン万次郎さんです。



こちらの銅像は大きいですね。


それにしても暑い
40度は超えていないとしても、空気そのものが熱い。
海辺特有の湿気を含んだ暑さとも違い、
エアコンの室外機や車の排気がないまぜになった都市の暑さとも違います。
この暑さはなんだろうと考えていたら、思いつきました。
そうだ、干したふとんだ。 
干したてのふとんにくるまっている感じです。
腕をおろしていれば指の先からぽたり…、肘を折っていれば肘の先からぽたり…汗が落ちます。

ともかく、まずは展望台へ。
d0264892_2157274.jpg

足摺岬灯台。

太平洋。d0264892_21581677.jpg


d0264892_21595537.jpg

眼下の海。

天狗の鼻。d0264892_2215689.jpg


d0264892_2235210.jpg

展望台を下り、椿のトンネルを通って灯台に行きます。








登れないのが残念ですが… 灯台のまわりをひと回りします。
d0264892_228310.jpgd0264892_228322.jpgd0264892_229122.jpgd0264892_2293080.jpg
d0264892_2295452.jpg
d0264892_2210192.jpg



さて、周辺には見どころもいくつかあって、散策するには良いのですが、
ツレアイと顔を見合わせて 「どうする?」
せっかく来たので歩きたいけれど、この暑さでは…
結局暑さには勝てず、車にもどることにしました。

d0264892_22181736.jpg

四国88か所霊場の第38番札所金剛福寺は外からお参りして
シャトルバス乗り場へ。


d0264892_22204321.jpg

岬のほうを振り返ってみます。

観光客の方もいらっしゃいますが、
歩く人も少なく、みやげ物屋さんも手持無沙汰な様子。
これも暑さのせいです。




首のタオルも汗でしっとり…

ホテルを目指しましょう。
by spring-ephemeral | 2013-08-23 22:38 | おでかけ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/19513598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みやび at 2013-08-24 11:29 x
ロングドライブ、お疲れ様でした。
「眼下の海」の写真は
吸い込まれそうな海の青。
「天狗の鼻」の写真は2時間ドラマに出てきそうな場所。
テレビの見すぎでしょうか。(笑)
以前、ざっと一周しただけですので
とても参考になりました。
続き楽しみにしています。
Commented by ニャン at 2013-08-24 16:35 x
地理的にいえば、うつきよう様宅からより私の家からの方が近い四国。
なのに、毎回、候補に挙がりながらも行けないのが四国です^^;
暑くても食べたくなるのが「おうどん」。釜揚げうどん美味しそうです。店選びに迷いそうですが、、、^^;
「朧月夜」さん、素敵なお宿ですね。
何時もながらに、お部屋もお料理も優雅で贅沢な時間を味わえそうです。
足摺岬、海の青が美しい。
とても暑そうですが、暑い夏にも似合う風景ですね。
足摺岬、道後温泉からも高知市内からも距離があるので
ルート検索の時点でめげていました、、、、。
なので、とても参考になりました。ありがとうございました。^^
Commented by うつきよう at 2013-08-24 21:53 x
 みやび様、

 ドラマのクライマックスにぴったり!
 はい、私もよく見ています(笑)
 なにげなく覗いたら、海があんまりきれいだったので
 私もびっくりしました。
 みやび様も行かれたことがおありなんですね。
 遠いですよね~。
Commented by うつきよう at 2013-08-24 22:19 x
 ニャン様、

 四国は、四国に渡ってからが、どこへ行くにも距離があるので、
 ニャン様宅からも、我が家からも、同じく、
 行くのに一日、帰るのに一日必要ですよね。
 本当にうどん屋さんの数が半端でないので、どこにしようか迷いますよね~!
 走っていると、「あ、ここにも。 あ、あそこにも」と、うどん屋さんの看板。
 しかも、どこも美味しそうに見えてしまいます(笑)
 道後温泉は規模が大きくて、どこに泊まろうか、悩んでしまいますね。
 『朧月夜』さん、温泉街の真ん中にいることを忘れてしまいそうな、落ち着いたお宿でした。
 足摺岬は遠かったです。
 行かれるときには、高知方面から道後方面に向かうほうが眺めが良いのでお薦めです。
Commented by shinmama at 2013-08-25 10:48 x
私が6月に行ったときにすでに 汗だくだったので、さぞかし暑かったのでしょうね。

ブログを読んでいくにつれて 私も汗が流れそうになりましたが、(申し訳ないことに)笑えました。

沖縄だと思えば、、、いえ、最高気温は 四万十でしたから日本一を経験されたわけで
普段 涼しいところで お暮らしの方が 良く頑張られたと思います。

元気でお帰りで何よりでした。
Commented by よし坊 at 2013-08-25 17:56 x
マア暑い所をご苦労様でしたと言いたくなってしまいますね。
バカが付く暑さの中をさぞ大変な事だったろうと思います。
浜風が吹いて涼しいはずの所まで干した布団状態とは想像を絶します。

朧月夜 の食事 凄いです!!!!!
誰がどう見ても全て美味しそうで量も適量。宿のもてなしの気持ちが伝わって来ます。
やっぱり日本では日本料理ですね。
Commented by うつきよう at 2013-08-26 00:17 x
 shinmama様、

 上田も盆地ですから、
 36度くらいなら年に数日経験しますが、
 空気感が違いました。
 隣のメタボなツレアイを見ると、更に暑くて…(笑)

 その暑い中、歩いているお遍路さんを何人も見ましたが、
 岬までの15分も歩けないのですから、
 私には一か所たりとも霊場巡りは無理!と悟りました。

 はい、熱中症にならずにすんで良かったです。
Commented by うつきよう at 2013-08-26 00:56 x
 よし坊様、

 まさか行先が日本一暑くなるなんて思ってもいませんから、
 「あそこへ行くのか?」
 「あそこへ行くのよ!」
 が、出発前の毎日の会話でした(笑)
 海から切り立った崖の上というのに無風!
 それでも一番暑い日を過ぎていたのですから、
 全国ニュースになったときはどれほど暑かったことか!
 めったにできない体験でした。

 『朧月夜』の食事は良かったです。
 もったいぶらずに次々運んできてくれるのも、我が家のペースに合っていました。
 おっしゃるように、無理なく食べきれて、しかも物足りなさがないのは、たいしたものだと思います。
 日本料理は季節感の料理ですね。
 
<< 暑い四国へ その5 ~ 『足摺... 暑い四国へ その3 ~『別邸 ... >>