保津川下り

 <保津川下り>
 
 嵯峨野トロッコ列車の終点 トロッコ亀山駅 からバスに揺られて保津川下り乗船場へ。
 さほど待つことなく、舟は出航しました。
 これから1時間20分をかけて嵐山まで川下りです。
d0264892_012052.png



振り返って見た乗船場は左隅。







d0264892_054575.png






緩やかな流れから始まりました。







d0264892_0103532.png







3人の船頭さんが持ち場を交代しながら操ります。

見ていると、重労働です。

船頭さんは3人とも若いイケメンさんでした。






d0264892_0163570.png




ときどきトロッコ列車が走ります。








d0264892_019378.png





急流では船べりまで波が届きます。









d0264892_0302563.png






穏やかになったかと思うと、









d0264892_032133.png






油断してバシャッ!







d0264892_0342661.png




トロッコ列車がたびたび通っていきます。









d0264892_0464083.png





『殿の漁場』
明智光秀公が魚釣りをされた場所。











様々な形。 様々な表情
d0264892_0522493.pngd0264892_0525283.pngd0264892_0542069.pngd0264892_0544345.pngd0264892_0552170.pngd0264892_0555944.pngd0264892_0564331.pngd0264892_0571689.png

えぼし岩(左)











いのしし?(左)









びょうぶ岩(左)





獅子(左)

アシカ(右)



d0264892_171716.png





鉄橋をいくつもくぐります。









d0264892_19266.png




北山杉の美林







d0264892_1144111.png




ここは「殺人事件」の現場によくなるとか。

人形が崖から落ちるのはこちら。

最近多く出張ってくるのは 『京都地検の女』だそうです。





d0264892_1184412.png




トロッコ列車が1分遅れでタイミングがずれたとか。










d0264892_133923.png





奥には愛宕山。

ラフティングする人の頭が見えます。








d0264892_140213.png




こんな狭いところを!









d0264892_134319.png





流れが緩やかになりました。
嵐山はもうすぐです。







d0264892_1443165.png






嵐山に戻ってきました。











d0264892_1462543.png













乗船客の降りた舟が戻っていきます。

 明日は “山” 。 
 愛宕山 に登ります。
by spring-ephemeral | 2012-10-11 02:05 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/16969741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニャン at 2012-10-11 14:46 x
テレビで拝見する船頭さんはベテランさんが多いのですが
若いイケメン船頭さんですか。
これは新たな楽しみが増えました。^^v
明智光秀の魚釣り場所というのが、あるんですね。始めて知りました。
今の亀岡の基礎を築いたのは光秀なのできっと息抜きに?この場所で釣りを楽しんだのでしょう。^^
2014年の大河ドラマに明智光秀が急浮上!なのだそうですね。
前から言っていた様に真田幸村の大河ドラマを期待していたのに、、、
愛宕山も明智光秀ゆかりの地ですね。^^楽しみしています。
Commented by うつきよう at 2012-10-11 23:45 x
 ニャン様、

 はい、ラッキーなことに(^^)v
 イケメン3人組でしたよ~
 快活で、トークの掛け合いも面白く、
 退屈しませんでした。
 明智光秀公は、地元ではよいお殿様だったのでしょうね。
 光秀公が何々した場所というのがところどころにありますものね。
 
 真田幸村の大河は実現するのかなあ・・・?
 実現に向けて活動は続くそうですが・・・
Commented by shinmama at 2012-10-12 07:41 x
蛇足ながら、、、2014年の大河は 「黒田官兵衛」のようです。
あっ、明智光秀も ちらっと出ますよ、きっと。(笑)

水が カメラに かかりましたよぉ。
でも イケメンなら許しましょうかね。

いつも川下りの話題で言うのですが どこでもあるのが「亀岩」なんですが、保津川にもありましたっけ?

日本のラフティングは風流で いいもんですね。

Commented by Hiro at 2012-10-12 09:03 x
蛇足です。
私のブログにいただいたコメント

>ソフトのダウンロード不要で、オンライン上でできる、お手軽加工のみですが…

素晴らしい画質ですね。川下りの内容については皆さんから当を得た素晴らしいコメントが書かれますので、私は別の視点から。

これだけ繊細な画質の写真が載せられるならば、ソフトのダウンロードは不要かと思います。
つい皆さんのブログでは、こんな処に目が向いて (笑)
Commented by うつきよう at 2012-10-12 23:30 x
 shinmama様、

 大河の主役は同じメンバーが持ち回り?
 の感も・・・
 前やらなかったっけ? とつい思ってしまうのですが・・・

 美女も得ですが、
 イケメンも得ですねぇ(笑)

 亀岡ですものね、「亀岩」もありそうですが、
 そういえば無かったですねぇ・・・
 あっ、そのかわり生きてる亀が甲羅干ししてました!

 あまりに流れが穏やかで、
 拍子抜けの川下りもありますが、
 保津川下りは水も澄んでいて、緩急に富み、
 トロッコも特急も絡むし、
 今までで一番充実してました。
Commented by うつきよう at 2012-10-12 23:43 x
 Hiro様、

 ありがとうございます。

 写真のこともパソコンのことも
 無頓着のまま、ブログにアップしています。
 見ましたら、 
 カメラの設定は14M、画質はFineで撮っていました。
 それを単純に5~10%にサイズ変更して
 角を落として影だけつけて・・・と、
 う~~ん、いいのかなあ、こんなで?
 ちょっと気恥ずかしいです。
<< 愛宕山登山 と 愛宕神社参詣 前編 嵯峨野トロッコ列車 >>