竜宮崖公園吊り橋 ・ そば道場

 かずら橋をあとに、奥祖谷の二重かずら橋を目指します。
 四国山地を抜ける県道32号線国道438号線国道492号線は、細く曲がりくねった道が山ひだに沿って続いています。

 ところどころ広がっていますが、大半、殊に集落の中は狭いままで、すれ違い、よけ違いが大変です。
d0264892_1325228.jpgd0264892_1332613.jpgd0264892_1335917.jpgd0264892_1342734.jpg



















 
 カーブミラーと目視で対向車に注意しながら、譲り合って進みますが、
 都会ナンバーの大型四駆みたいな車ほど、委細構わず突っ込んでくるので、腹の立つこと二度、三度。

 気を取り直しながら進むと 竜宮崖公園 の標識がありました。
 なんだろう?とその時は通り過ぎたのですが、少し進むと、頭上高く吊り橋があって人が渡っています。
 きっと 竜宮崖公園だ! と、引き返しました。
 広いバイパスから旧道の細い道を行くことしばし。
d0264892_23174720.jpg

 バイパスができる前は立ち寄る人も多かったのでしょうけれど、
 タクシーが一台とまっているだけで、他にはだれもいません。
 タクシーの運転手が 「いい景色だよ~」と言っているところに、乗客が吊り橋から帰ってきました。
 鉄筋の新しい吊り橋ですが、かずら橋よりはるかに高く、スリル感ありました。
d0264892_23272695.png
d0264892_23275892.png

 橋になっているのがバイパス。
 下を覗くと 高い!
 
d0264892_23282525.png
d0264892_23285148.png

 橋を渡った先にはバンガローや遊歩道があるのですが、訪れる人も少ない様子。
 崖っぷちの遊歩道は荒れているようだったので足は踏み入れませんでした。
       (遊歩道の入口から見た吊り橋)
d0264892_2336822.jpg

 このまま旧道を行こうかと思ったのですが、細い道です。 バイパスに戻りました。
 帰宅後調べたところ、この旧道を進むと、地元の人々が 「まんぷう」 と呼ぶ、岩がひさしのように覆いかぶさっているところを通ったのでした。
 通ってみればよかったかな? と少々後悔しました。
d0264892_23453324.jpg

丸印のところをトリミングしてみると・・・
d0264892_23464131.jpg

       そんな風に見える個所があります。

 道は438号線に入りました。
 見逃してしまった風景があります。 国の 重要伝統的建造物群保存地区 に指定されている 落合集落 です。
 国道からちらりと見えるのですが、全体を見るには 落合集落展望所 に寄らなければなりません。 その矢印を通り過ぎてしまいました。
 ハンドルを握るツレアイは気づかず、あっと思ったときはすでに遅し。
 すぐには引き返せない細い道ですから、「戻って」とは言いにくく・・・
 規模は違えど、山肌に点在する集落を眺め続けてきたので、よしとしました。
          こんな風景が見られたはずでした。(観光パンフレットから)
d0264892_062170.jpg


 しばらく進むと、道沿いに 「そば道場」があります。
d0264892_0152933.jpg 











予約すれば蕎麦打ち体験ができます。

d0264892_040152.jpg 









少し早めですが、祖谷そばをいただいていくことにします。


 今でこそ、名店や名人が登場し、美味しい蕎麦がもてはやされる時代になりましたが、
 かつて蕎麦が主産物ということは、言い換えれば、蕎麦しか採れない、つまりは痩せた土地に気候も厳しく、米ができなかったということを意味します。
 米の代わりに蕎麦の実を そば米 と呼んで食べるほかなかった、厳しい辺境の山里の暮らしに思いを馳せながらいただいた祖谷蕎麦でした。
 しかし、それはそれとして・・・
 ゆでた蕎麦を水にさらすのが十分でないらしく、ざる蕎麦のところどころが生ぬるく、生ぬるい蕎麦はコシがなく、なんとも言い難い蕎麦でした。
 せっかくの祖谷蕎麦、もう少し丁寧に作ってほしいと思ったのでした。
 「美味かった」と言って出て行った先客のおじさんは温かい蕎麦だったので、私も温かい蕎麦にしておけばよかったかなぁ

 腹ごしらえもできました。
 一路 奥祖谷 へ向かいます。
by spring-ephemeral | 2012-09-26 01:07 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/16875090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニャン at 2012-09-26 09:38 x
狭い道は、運転に気を使いますね。ご主人様 お疲れになったのでは?
そう、そうなんですよ!都会ナンバーの車、狭い道でもお構いなし!が多いですね。
「ゆずりあう心ひとつで事故はゼロ!」 この言葉を知らないのか~!と言いたくなります。^^;
「まんぷう」 黒部・欅平の人喰い岩と同じ感じですね。
祖谷は落合集落のような場所が点在しているんでしょうね。
ぜひ、そういった集落を見てみたいです。^^
今回のブログも旅の参考にメモ保存させていただきます。
いつも素敵な場所のご紹介、ありがとうございます。^^
Commented by shinmama at 2012-09-26 15:42 x
気が付けば にらみつけるな目つきで 真剣に拝見しておりました。
ふむ、これは日帰りではなく 宿泊して あちこち回るのが正解のようですね。
なに? まだ奥祖谷があるのですか?
2泊されたのかな?? メモメモは続く。

Commented by パンジー at 2012-09-26 21:12 x
お蕎麦、残念でしたね。
私としては是が一番痛い(笑)
それにしても素敵な景色があちこちに点在してるんですね。
さすが落人の村。
運転だけが問題ですね。
とにかく( ..)φメモメモ
Commented by うつきよう at 2012-09-27 00:14 x
 ニャン様、

 大きな車ほど態度も大きいのはなぜでしょうね。
 「ここで待っててくれればいいのに!」というところで待っててくれないんですよね(プンプン!)
 そうです、そうです。人喰い岩です。
 大型バスは屋根がつかえるので通れないそうです。
 落合集落展望所は国道沿いにあると、私が勘違いしていたこともあって、
 標識に気づくのが遅れました。
 もし、また行く機会が訪れたら、
 眺めるだけでなく、集落の中を歩いてみたいです。
Commented by うつきよう at 2012-09-27 01:03 x
 shinmama様、

 細かな見どころが点在しています。
 「もう一つの平家物語」にまつわるゆかりの地が点々とあったり、
 また、小さな郵便局が道沿いにあるので、風景印もgetできそうだったり(休日で残念ながらどこも閉まってました)
 奥祖谷まで足を伸ばすと、途中に「いやしの温泉郷」という宿が一軒ありますが、
 頑張って淡路島まで戻って一泊しました。
Commented by うつきよう at 2012-09-27 01:14 x
 パンジー様、
 
 私もお蕎麦が痛かったです(笑)
 期待してたんですけどね。
 連休の真ん中の日曜日の割に、
 かずら橋から先、車は少なかったです。
 よくぞこんな険しい山の中へ逃げてきたものです。
 もっとも、だからこそ逃げ延びられたのでしょうね。
 見飽きない風景でした。
<< 奥祖谷二重かずら橋 と 野猿 祖谷のかずら橋 >>