『白船荘 新宅旅館』 2017年8月

<2017年8月4日>

 母には一年に一度は行きたい温泉宿が3軒あります。
 まず、今年6月に行った鷹の巣温泉 『鷹の巣館』
 いちばんのお気に入り、別所温泉 『七草の湯』 、
 そして、今回の白骨温泉 『新宅旅館』 。
 どの宿も、気に入っている理由はお部屋でも、お料理でもなく、温泉そのもの。 

 『鷹の巣館』 はちょっと遠いので手軽に、というわけにはいきませんが、
 別所なら車で30分弱で行けるので、体への負担も少なく、お安い御用。
 白骨温泉は2時間ほどで、遠からず、近からずの距離です。

 ただひとつ、白骨温泉の『新宅旅館』 は、ベッドの部屋には温泉露天がなく、露天風呂があるお部屋にはベッドがありません。
 母は、腰と、左の股関節と、右足の膝が悪いので、畳での寝起きは一苦労。 
 ベッドをとるか、露天風呂をとるかの究極の選択ですが、 畳で寝起きでも露天風呂つきが望みです。

d0264892_2383471.jpg


d0264892_23101130.jpgロビーで「温泉粥のおやき」 とお茶をいただいて部屋に案内してもらいます。

d0264892_23152719.jpgd0264892_23301287.jpg
ロビーのある1階から2階へはエレベーターで。 少し長い廊下を歩きます。

d0264892_23423485.jpgd0264892_234252100.jpg
d0264892_23211998.jpg客室のある4階へは別のエレベーターで。

エレベーターを降りて、つきあたり、
母の希望の部屋です。


d0264892_015057.jpg

d0264892_02992.jpg

d0264892_024051.jpg

d0264892_03254.jpg

源泉がほんの数メートル先から供給される部屋の露天風呂。 大浴場より湯元から近く、新鮮そのもののお湯です。 もっと青い色をしていた浴槽が温泉成分のカルシウムが付着して白くなっています。

d0264892_032278.jpgd0264892_092562.jpg山の温泉は涼しくて、
エアコンをつけることはありませんでした。


まずは大浴場へ。

d0264892_0234237.jpg冷たい「笹番茶」 が置かれている湯上りスペースの前から、
長い階段を上がります。


d0264892_0262519.jpgd0264892_0263966.jpg階段のなかほどに男性の、
一番上に女性のお風呂があります。


d0264892_0274729.jpg

d0264892_0282094.jpgd0264892_0285678.jpg
d0264892_0291874.jpg
入り口の引き戸や、浴室の壁の板が新しくなっていました。 浴室の床も、積もった温泉成分が削り取られて元の床板が見えています。 

白骨温泉の主成分は 炭酸水素カルシウム と 硫化水素 。 
透明な源泉が空気に触れてカルシウムなどが固形化して湯花となるため、白く見えるようになります。
また、飲泉可能です。 少し酸味のあるような、独特な味がします。 

d0264892_0503093.jpg内湯から岩の階段を上がって露天風呂に行きます。

初めて来たときは長く感じた階段でしたが、
慣れるとそれほどでもありません。


d0264892_052473.jpg

d0264892_0531480.jpg

d0264892_0533227.jpgd0264892_0534775.jpg
とっても良いお湯です。

d0264892_10785.jpg食事は食事処に出向きます。
中は個室が並んでいます。
足の悪い母を気遣ってくださってか、入り口からすぐのひと間でした。


<夕食>

d0264892_13221.jpg


d0264892_132429.jpgd0264892_134271.jpg前菜の もろこし豆腐 の上にはキャビアが乗って、
山の食事でもおしゃれです。

d0264892_181923.jpgd0264892_183747.jpgお造りはさすがに山の魚ですが、
イワナの昆布締めも美味しかったです。

土瓶仕立てのお吸い物は
鱧の葛たたきと夏野菜。
夏らしい取り合わせです。

d0264892_1191890.jpgd0264892_1193688.jpgお凌ぎの手打ち蕎麦。
つゆは甘めですが、合格点のお蕎麦でした。

おいしいトマトと
夏野菜でした。

d0264892_1225762.jpgd0264892_1232097.jpg牛肉と朴葉味噌は合います。
たっぷりのきのこと野菜もうれしい。

鮎は食事処の入り口で、
炭火で焼かれていました。

d0264892_1261581.jpgd0264892_1263047.jpg温泉粥のコロッケは、白骨温泉の、どの宿でも提供される、共通の料理です。
カリッとあがった衣の中は
クリーミーなお粥で、これが美味しい!

定番の煮物も良い味でした。

d0264892_1301890.jpgd0264892_1303736.jpg
山の温泉の、山の宿ですが、良い料理だと思います。 母の分を少し手伝いながらおいしく、すっかりいただきました。

d0264892_137262.jpg部屋には夜食のおにぎりが用意されていました。
梅と青菜の混ぜご飯で、おいしいおにぎりでした。


<朝食>

同じ食事処に出向きます。

d0264892_1393050.jpg






d0264892_1394655.jpg
ごく定番の朝食ですが、必ずつく 温泉粥 が楽しみです。 温泉そのままだと濃すぎるので、ある程度薄めてお粥に焚いているのだそうです。 
火にかかっているのは自家製の豆腐。 火が消えるころには豆乳がお豆腐になっています。
右にちょっと見えているのが鉄鍋に入っている味噌汁。 きのこがたっぷりの、美味しい味噌汁でした。


今年も白骨のお湯を堪能できて大満足の母でした。
来年も来る、と宣言しています。 叶いますように。















 
 
   
# by spring-ephemeral | 2017-08-20 02:00 | お宿記 | Trackback | Comments(7)